2007年05月28日

松岡農相自殺・・・?

 こう言っちゃ何だけど、安部総理にとってはものすごく都合のよい「自殺」だと思う。

 普通は、閣僚辞任とか、悪くても議員辞職で方がつく話で、自殺するというのは不可解。
 安部総理が擁護しすぎた、って言う人もいるけど、これまで総理が擁護していても、「国会を混乱させたから云々」とか言って辞めたスキャンダル閣僚は大勢いる。
 大体、事務所の経費を使い込み、「ナントカ還元水」なんてウソを平然と言い放ち、大臣の地位を手放さないような厚顔野郎が自殺なんてするのか?

 松岡農相は安部政権内において「金に汚い政治家」の象徴的存在となっていた。
 談合の団体と絡んでもいたみたいだから、今後も松岡農相ルートで政権が攻められる可能性もあった。
 ついでに選挙も近い。「金に汚れている閣僚の責任を問わない政権」のイメージはよくない。
 しかし野党の攻撃によって辞任させるのも政権としてはマイナス。

 しかし、松岡農相が「自殺」してしまえば、まず政権の汚点が消える。
 「死者に鞭打つ」のを嫌う風潮があるから、今後野党が松岡ルートでの金の問題を追及すれば、安部総理は「野党は人でなし」とのレッテルを貼ることができる。
 マスコミの追求も鈍るだろう。
 あわよくば、次の選挙では同情票を集めることができるかもしれない。

 安部総理にとってはとことん都合のよい「自殺」といえる。

 松岡農相が事実、「自殺」したのであれば、実に愚かな自殺である。かりに自殺で無いとしても、いままで権力を利用して甘い汁を吸いまくってきたわけだし、ざまあみろ的気分がないわけではない。
 しかし、因果応報とはいえ、死んだってことは悪党の中でも弱い方だったのだろう。権力も金もあの世には持っていけない。
 松岡農相には冥福を。今なお生きている悪党どもには天罰を。
posted by 海風 at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。