2009年04月02日

ノドン・北朝鮮核兵器小型化の報道の原文調査。

North Korea's Missile Launch: The Risks of Overreaction
北朝鮮のミサイル発射:過剰反応の危険性について
31 March 2009
2009年3月31日
OVERVIEW

概要

North Korea says it is preparing to launch an experimental communications satellite using a rocket that is part of its ballistic missile program.
北朝鮮は、弾道ミサイル計画の一部として行われている通信実験衛星の発射を計画していると述べています。

This would be in the face of an international outcry, and of what is a strong though not definitive argument that it violates two UN Security Council resolutions.
これは、国際的な抗議と、それが2つの国連安全保障理事会の決議を破るという、決定的でありませんが強い議論に直面するでしょう。

Japan has been most vocally opposed, saying it will shoot down the rocket if it threatens to fall on its territory.
日本は、そのロケットが自国領域に落ちる恐れがあれば、それを撃ち落とすだろうと、最も強硬に発言しています。

But even if the test is successful, it would only slightly increase security risks, while an overblown response would likely jeopardise the Six-Party Talks to end North Korea's nuclear program.
しかし、もしもそのテストが成功した場合においても、安全保障上のリスクはほんのわずか増大するだけで、大袈裟な反応は、北朝鮮の核計画を終わらせる六カ国協議を危うくするでしょう。

What is needed is a calm, coordinated response from the key actors to raise pressure on Pyongyang to return to the talks rather than a divided reaction that only fulfils the North's desire to widen splits among its neighbours.
必要なものは、主要な関係国がバラバラの反応で北の隣国を分裂させようとする欲望を満たす事ではなく、話し合いに戻るよう平壌への圧力を強める、冷静で調整された応答です。


The prospective launch fits a pattern of North Korean attention-seeking when faced with stresses at home, political changes abroad or failure to get what it wants in negotiations.
北朝鮮の発射計画は、国内において問題を抱えている時、または外国の政権交代時、または交渉で欲しがっていたものが得られないときに注目を集めようとする、一つのパターンに適合します。

Unfortunately, it leaves Japan, South Korea and the U.S. with few good options.
残念ながら、それは日本、韓国、そして米国にいくつかの好都合なオプションを残しています。

If the launch does take place, the best outcome for the international community is simply for it to fail, as an earlier test did.
もしも打ち上げが行われた場合、国際社会にとって最良の結末は、前回同様、それが失敗する事です。

North Korean leader Kim Jong-il will gain considerable domestic credit if the launch is successful.
打ち上げが成功した場合、北朝鮮のリーダー、金正日は国内の相当な信用を得るでしょう。

If the rocket is shot down by either Japan or the U.S., the North Koreans would see this as a sign of Tokyo's and Washington's implacable hostility and almost certainly withdraw from the Six-Party Talks.
もしもロケットが日本、または米国に撃ち落された場合、北朝鮮はそれを東京とワシントンの強い敵意の現れと見なし、確実に六カ国協議から身を引くでしょう。

If either state tries but fails to shoot it down, North Korea will be further emboldened.
もしもどちらかが迎撃行い、失敗した場合、北朝鮮は更に大胆になるでしょう。


Taepodong-2 missiles involve an unproven technology and do not represent a significant increase in risk to Japan.
テポドン-2ミサイルは、不確実な技術を含んでおり、日本にとって重大な危険の増大はありません。

North Korea's tested and apparently reliable Nodong missile can already carry a nuclear warhead as far as Tokyo.
北朝鮮は既に核弾頭を東京より遠くへ運ぶ事ができると、ある程度信頼できるノドンミサイルを試験済みです。

The Taepodong-2 could possibly reach Alaska but the likelihood of such a strike is negligible, since the North knows it would be devastated in any response.
このテポドン-2はアラスカまで届く可能性がありますが、そのような攻撃は無視できます。北朝鮮はそれが破壊的な報復を招くと知っています。

The launch of a Taepodong-2 also takes weeks to prepare;in a time of considerable tensions the missile could be destroyed on the pad.
このテポドン-2の打ち上げには数週間を要し、有事におけるその時間は、ミサイルを、発射台上で破壊することが可能です。


Two other members of the Six-Party Talks, China and Russia, have shown little public concern about the launch, can be expected to hold that North Korea is entitled, like any other state, to launch satellites and so are unlikely to support strong measures against it.
六カ国協議の他2つのメンバーである中国とロシアは、この打ち上げに公式な関心を示しておらず、北朝鮮は衛星の打ち上げとその権利が与えられると期待しています。それゆえ、両国は本件に対する強い手段を支援しないでしょう。

In preparation for the launch, Pyongyang has announced its accession to the Outer Space Treaty that permits the peaceful exploration of space without discrimination.
打ち上げに備えて、平壌は差別なき宇宙の平和利用に関する条約への加盟を発表しました。

An overreaction to the test that prompts the North to abandon the Six-Party Talks would strengthen hardliners in Pyongyang.
このテストへの過剰反応は、平壌の強硬派を力づけ、北が六カ国協議から離脱する刺激になるでしょう。

The talks have stalled in recent months over the failure to conclude a verification protocol for North Korea's denuclearisation.
この協議はこの数ヶ月間停滞しています。北朝鮮の非核化のための実証プロトコルも含み、停滞しています。

Pyongyang was also clearly waiting for President Barack Obama to take office, hoping that his administration might be more willing than its predecessor to compromise.
平壌はまた、明らかにバラク・オバマ大統領が就任するのを待っていました。彼が自発的に妥協する事を期待しているのです。

Japan has hardened its position against North Korea, with the decades-ago kidnappings of Japanese citizens re-emerging as a key problem.
日本は日本国民が数十年前に再出現した日本国民の拉致を重要な問題としていることから、北朝鮮に対する立ち位置を強硬なものにしてきました。

Tensions have also risen on the Korean peninsula over the tougher line on the North adopted by South Korea's President Lee Myung-bak.
緊張はまた、韓国大統領リー・ミュンバクによる北への強硬策で、朝鮮半島においても上昇しています。

Resumption of the talks is still a possibility, but they could be permanently derailed if the missile is shot down.
会談の再開はまだ可能性です。しかし、ミサイルが撃ち落とされる場合、それらは永久に脱線するかもしれません。


Rather than raising the level of alarm over a launch that is likely to go ahead, the other five members of the Six-Party Talks should agree to a moderate set of measures that maintains their unity in the face of North Korea's provocation.
打ち上げに関する危機のレベルを上げるのではなく、六カ国協議の他の5カ国のメンバーは、北朝鮮の挑発に直面しても、それらに統一性を維持した適度な方策に同意するべきです。

They could do this by:
彼らは以下の事ができます:

issuing a joint statement condemning the launch as provocative in the current tense climate, reaffirming Security Council Resolutions 1695 and 1718, and demanding that North Korea return to the Six-Party Talks;
再度、安全保障決議1695と1718を主張し、現在の緊張した気候において挑発的であるとして打ち上げを非難する共同声明を出すこと。また北朝鮮に六カ国協議へ戻る事を要求すること。

seeking to reinvigorate the Security Council committee monitoring the UN sanctions regime, including by calling on member states to report regularly on measures taken to implement the sanctions regime, particularly the ban on transfers of weapons to North Korea, and by taking action against any violators of that ban;
安全保障理事会の委員会の再活性化を求め、国連の制裁措置によるモニタリング、
それは加盟国の召集による、測定可能な手段による監視体制の採用と敵的な報告を含んでいること、
政権、特に北朝鮮への武器の移動の禁止、
またその禁止へのいかなる反抗も対抗措置行動によってい実行される事。

offering to include discussion on space cooperation in resumed Six-Party Talks;
再開された六カ国協議に宇宙協力に関する議論を含むことを申し出ること。

reaffirming support for the 2003 Proliferation Security Initiative;and
2003年の核拡散防止構想の支援の再断言; そして

South Korea, the United States and Japan agreeing on an overall package deal that can be presented to the North Koreans in exchange for major steps forward in nuclear and missile disarmament.
韓国、米国そして日本は北朝鮮人に核とミサイル軍縮の主なステップの進展と引き換えに、提供できる全面的な一括取引に同意すること。

Such a deal should be presented by a high-level U.S. envoy sent to meet Kim Jong-il in Pyongyang.It could then be endorsed in the Six-Party process.
そのような取り引きは、平壌でキム・ジョンイルに会うために派遣されたハイ・レベルの米国の使節によって示されるべきです。 その後、六カ国協議でそれを支持することができるかもしれません。



上記翻訳は東芝製「The翻訳 インターネット」を活用して、機械翻訳後、手直ししたものです。

まとめはあとで。情勢分析は過去に自分がやったのと大体一致。今後の対応については、ちょっと異論あり
メディアリリースという文章もあるので次はこれを調べてみたい。
posted by 海風 at 03:27| Comment(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。