2009年04月04日

ミサイル防衛システムとヒューマンエラー

無駄に大騒ぎしている北朝鮮ロケット発射騒動だが、今日はミサイルの発射の監視に関して、昼頃に誤報を出す失態を演じた。これは情けないという話でもあるが、同時にこのシステムの改善箇所を明らかにしたという点で非常に良い事である。

この失敗の説明について、防衛省の説明は二転、三転しているということである。今の所の説明では、担当係官が、日本のレーダーの情報が入ったときに、アメリカの早期監視衛星からも情報が入ったと勘違いし、「発射」と言ったという説明。

係官ということにしているが、途中に入っている「人」は、少なくとも二段階ある。より上のクラスの人間が勘違いし、部下に失敗を押し付けたという可能性も高い。

保身したい誰かが、責任を他者に転嫁しようとして情報を二転、三転させているとすると、その方が国賊ものである。問題が上司たる総理大臣あるいは国会にまで隠蔽され、誤った改善が行われる可能性が高いからだ。

マスコミ、政府、野党などは「犯人探し」を喜んで行うだろうが、問題はそこではない。

今回の北朝鮮のロケット発射案件は、(本気で不安に思っている人達には申し訳ないが)準危機状況における演習として非常に良い条件である。結果はどうあれ、このプレッシャー下でどのような反応を示すのか、どう克服するのかを検討するべきだと私は思う。
posted by 海風 at 17:31| 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。