2009年04月14日

北朝鮮六カ国協議脱退

まさか北朝鮮がここまでバカだったとは思わなかった。
北朝鮮、「6者脱退」と表明(朝日新聞)
2009年4月14日13時28分

【ニューヨーク=松下佳世、ソウル=箱田哲也】北朝鮮は14日、外務省声明を出して核問題をめぐる6者協議に「再び絶対に参加しない」と脱退を表明。さらに「自衛的核抑止力の強化」を進めると宣言し、核開発の再開を示唆した。

 朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省は「国連安保理が我々の衛星打ち上げを論議したこと自体、許し難い犯罪行為だ」などと非難し、「自主的な宇宙利用の権利を行使していく」と明言した。

 そのうえで6者協議について「協議の参加国自身が国連安保理の名で(05年9月の)共同声明の精神を否定した以上、さらに協議を妨害してきた日本が単独制裁まで科した以上、存在意義は喪失した」として、「協議のいかなる合意にも拘束されない」と強調した。また「主体的な原子力エネルギー工業構造を完備するため、軽水炉発電所建設を積極的に検討する」とした。

 さらに、「自衛的核抑止力を強化していく」と宣言。「6者協議の合意に基づいて無能力化した核施設を原状復旧させ、正常稼働させる。使用済み燃料棒はきれいに再処理されるだろう」として、寧辺の核施設の無能力化措置を中断して核兵器に転用可能なプルトニウムの取り出すことを示唆した。

 ミサイルの発射について北朝鮮は人工衛星の打ち上げであり、宇宙の平和利用にあたると主張。国連安保理が何らかの措置をとった場合、報復すると警告していた。今回のミサイル発射の背景には、オバマ米政権との交渉を優位に進める狙いがあったのは確実で、反発を強める北朝鮮に対し、今後、米側がいつ、どんな形で交渉を始めるかが最大の焦点となる。

これには中国も呆れていると思うんだけど……

今後の展開予想
1.北朝鮮に話し合いに戻るよう促す安保理決議。
 おそらく、内容は穏やかなもの。このとき、日本へも制裁の自重を促す文言が入る可能性がある。
2.北朝鮮へ制裁する安保理決議。
 中国、ロシアが北朝鮮を見限った場合に限る。可能性小。
3.日本を外した5ヶ国協議の形で再開。日本は単独制裁を続ける。
 可能性はある。北朝鮮が中国、アメリカを使って、日本に金を出すよう要求するかもしれない。
4.米国との2カ国協議。
 可能性は大きいが、核開発の時間稼ぎにしかならない。いつまでアメリカが辛抱するかによる。
5.各関連施設への空爆。→面倒な戦争に。
 まあ、これは最後の手段。
 もしかすると北朝鮮が日本に対し武力攻撃を開始する形で始まるのかも。
 イラクが中東戦争でイスラエルを攻撃したように、北朝鮮は日本を攻撃する事で中国、韓国を味方に引き込もうとするかもしれない。
 この場合、北朝鮮は攻撃を急ぐだろうが、常識的に考えて核開発を完了させるまでは戦争はできないのではないか、とは思う。ただし、アメリカはいつものように“敵”の能力を過大評価する傾向があるから、北朝鮮が「既に核開発を完了した」と言ってしまえば、アメリカは傍観する可能性がある。
 また、中国の介入を嫌う米国はそもそも北朝鮮に手を出すとは考えにくい。経済危機で戦争する体力もないし。中国に介入をさせないため、アメリカも傍観するかもしれない。この場合、米・中で介入をしない契約が交わされる可能性もある。

 それにしても、北朝鮮が議長声明レベルで六ヶ国協議から脱退すると言うのは戦略性に欠ける判断だと思う。強盗外交を行う北朝鮮にとっては、六カ国協議内で日本の独自制裁を非難しながら、協議の進展を遅らせ、核開発を完了させるのが最も合理的だと思うからだ。

 もしかすると、実は日本の報道が偏りすぎていて、安保理メンバーが実は冷ややかな眼差しで日本を見ているのかもしれない。北朝鮮はその空気を察知して、六ヶ国協議を脱退する事で日本の孤立を狙っているという可能性もある。

 あるいは、今回の人工衛星こと弾道ミサイル発射実験に成功したことを受けて、北朝鮮はイランなどから核開発の資金を調達する事に成功したのかもしれない。いつまでも金の引き出せない六ヶ国よりも、弾道ミサイル技術を売る方が金になる、だから脱退。
 しかしそれだけなら、別に脱退を表明しなくても裏でこっそりやっていればいいだけで、わざわざ安保理を敵に回すようなことは言わなくてもいい。アメリカまで核弾頭を運べるミサイルの開発を先に行い、「人工衛星」として打ち上げ、成功後に六ヶ国協議を脱退し、核実験を行ってみせればアメリカと対等な立場になれる。

 あるいは、北朝鮮はアメリカを相手にしたいと考えていると言われているが、実は日本を相手にしたいと考えていると言う可能性。
 これなら、先日のロケット発射で弾道ミサイルの開発は完了している。核実験にさえ成功すれば、小型化せずとも日本を射程に弾道ミサイルで攻撃できる。
 もしかすると、日本の世論がアメリカ離れをしているために、北朝鮮は日本とも独自に対話をしなければならないと考えているのかもしれない。今回、アメリカが日本の強硬姿勢に対して当初ほぼ同調しており、最後の段階で議長声明レベルでの厳しい非難に持ち込んだ。日本がアメリカの言いなりではなく、アメリカが日本の言いなりになっていると北朝鮮は感じたのかもしれない。経済危機により、アメリカの頼りが日本の経済力となっている現状、北朝鮮がそう考えたとしても不思議ではない。
 だとすると、次に出てくるのは拉致被害者の返還と交換で日本から資金を得るというアプローチ。
 ここで、日本が北朝鮮に対し、拉致被害者全員の帰還を実現したら経済制裁を解除する、と条件を出すと、その反応により北朝鮮がどこを向いているか分かる。もちろん、最初は拉致被害者+帰還事業で北朝鮮へ行った日本人も含める。これは、妥協レベルとして、帰還事業のメンバーは、“希望者”のみ日本へ、あるいは国交正常化と併せて“一時帰国”という形にする事を念頭においている。(日本人なのだから、北朝鮮へ戻らなくても問題ない。)
 もちろん、このあと北朝鮮が核実験を行い、日本に対して核を落とされたくなかったら金を出せと脅迫してくる可能性はある。(それは日本人をキレさせ、北朝鮮への武力行使を引き起こす結果になると思うが。)ただ、これはどの国に対しても可能な脅迫なのだから、下手すると中国までも敵に回すことになるので、北朝鮮が本物の阿呆でない限り考えられない。
 極論を言ってしまえば、拉致被害者などが帰ってきて、国交正常化となれば、(戦前の賠償金の問題は持ち出されるだろうが)日本と北朝鮮との間に対立する理由は無い。不可侵条約でも結べばよい話である。北の核開発をやめさせるのはアメリカや安保理常任理事国の仕事である。

 まっとうな見方として、北朝鮮は六ヶ国協議を維持する事もできないほど体勢が弱っている可能性もある。60年も独裁体制が続いて、内部が腐敗していないわけがないのだから。組織の上層部にいるのが腰ぎんちゃくばかりになっている可能性は高い。その場合、この暴発的な対応もすっきりと説明できる。
 いずれにせよ、現段階では事態はろくな方向に転がっていない。特に、この段階で危機がエスカレートし、戦争となったら、北朝鮮も日本もあまりに外交戦略が稚拙すぎる。

 とりあえず日本としては、さらに制裁を強化し、可能ならば北朝鮮の体勢が崩壊するように情報戦を仕掛けておく必要がある(北にビラなどを飛ばしている韓国の団体に資金援助するなどして)。実際の戦争が起きずとも、大量の難民が発生したら中国も現在の北朝鮮の体制は限界と見て動くだろう。
posted by 海風 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 危機管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。